アンケートモニター募集サイト > アンケートモニターはバイトですか?
 

【質問】 アンケートモニターはバイトなんですか?

よくネットで、アンケートモニターのバイト情報というものを見かけますが、

本当のところよくわかりません。私は主婦なんですが、子供達がまだ小さくて

働きに出ることができませんが、少しでも収入があればと思っています。

もし、バイトではないのでしたら、どんな違いがあるのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いします。

【答え】 いいえ、アンケートモニター活動は、バイトではありません。

バイトと言うよりも、お手軽なお小遣い稼ぎと言った方が適切でしょう。

バイトとの違いを各ポイントごとに比較しながら説明していきますね。

 

働き方と収入の安定性について

通常、バイトにはキチンとした雇用契約がありますよね。

時給もあらかじめ決まっていて、所定の勤務時間に働くことでキチンと給与が支払われます。

一方のアンケートモニターには、収入の保証が一切ありません。

空いている時間に、自分のパソコンやスマートフォンを使ってポイントを稼いで

換金していくオンラインアンケート調査が中心ですが、座談会モニターや会場調査に

参加して、その場で謝礼金をもらう日払い形式のオフライン調査などもあります。

 

どのくらい稼げるのか?

バイトの場合には、フルタイムで働いてキチンと生活している人もたくさんいますよね。

ところが、アンケートモニターの場合には、生活できるほどのお金を稼ぐことはできません。

それに、アンケート回答で高ポイントが多くもらえる月もあれば、少ない月もあります。

また、座談会モニターは、2時間で¥1万円くらいもらえるますし、

会場調査モニターでは、30分から1時間くらいで¥3千円から5千円くらいもらえますが、

これも調査対象に選ばれる回数が月によってまちまちです。まぁ運次第ですねぇ。。

わたくし涼子の場合には、トップページでおすすめしているアンケート調査会社14社の

すべてにモニター会員登録をしています。平均、平日1時間くらい活動していますが、

オフライン調査も合わせて、月にだいたい¥2万円から¥4万円くらい稼ぎますね。

ちなみに、最高に稼いだ金額は、月に¥7万円くらいでしたね。

ポイント換金が重なったり、1回¥2万円という高額な謝礼金の座談会モニターに

続けて2回参加できたことが、いつもより多く稼ぐことができた原因でしたね。

 

アンケートモニターのメリットとデメリット

デメリットは、何と言っても収入が不安定ということですね。

高額謝礼金のモニターに選ばれることが多ければ、それなりの副収入にはなりますが、

選ばれるかどうかは全て運次第ですので、自分の努力ではどうにもならないんですよねぇ。。

一方、メリットとしては、決まった時間に出勤することもなければ、忙しい時には活動しなくても

まったく問題がないことですね。ただ、あんまり活動しなくなると稼げるチャンスも減りますけどね。

アンケートモニター活動は強制的なものではありません。

自宅や職場の休憩時間、通勤時間など、どんな場所でも自分の時間がある時に、

いつでも参加できるのが最大のメリットなんです。

 

どんな人に向いているのか?

例えばですが、旦那さんが働いていて、家庭としてちゃんとした収入があるけれども、

少しでも副収入がほしい! でも、子供がまだ小さくてバイトすることができないという

ような主婦の方や、仕事の負担にならないお小遣い稼ぎがしたいお父さんにもおすすめですね。

それから、アンケートモニターの会員登録は、15才くらいから登録ができるところが多いので

お小遣い稼ぎがしたい高校生や大学生などの未成年者の方にもおすすめなんですよね。

良い社会勉強にもなりますしね。

という感じですので、アンケートモニター活動は、バイトというよりもお手軽な

お小遣い稼ぎということになるわけなんです。

ですから、今回の質問者の方にも、ちょうど良いお小遣い稼ぎになると思いますよ。

 


 アンケートモニター募集サイト